トップB

トップA

福祉用具専門相談員の資格は難しい?

介護の現場において、利用者に適切な福祉用具を提案、アドバイスをする福祉用具専門相談員。

資格取得の難易度

この資格取得についての難易度はというと、かなり易しいです。

受験資格も特になく、学生でも、だれでも受けることができ、40~50時間の講習を受ければ資格の取得が可能になっています。テストも特に設けられていません。

講習を受ければ資格の取得が可能なので、誰でもとれる…ということはこれだけだとなかなか就職!とつながるわけではないです。介護について学んでいるという一つのアピールポイントにはなりますけどね。

取得するなら他の資格も併せて

なので、もし仕事について考えている方はこの資格と一緒に他の介護系の資格(介護職員初任者研修や福祉住環境コーディネーター)も取得することをおすすめします♪

簡単に取得できるといっても、やはり介護においては福祉相談専門員だけでなく福祉用具、介護用品の知識というのは必要不可欠なところがあります。実践で学んでいくことももちろん大事ですが、あやふやな知識のまま福祉用具使用、提供していくよりは、一度勉強をしてみるといいかもしれませんよ。

トップB

トップA