トップA

トップB

福祉用具専門相談員の業務内容

福祉用具専門相談員…一般の方はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、この福祉用具専門相談員というのは介護職における専門職なんです。

福祉用具専門相談員の仕事内容

高齢者が福祉用具をレンタルや購入するときに、本人や家族の要望に合わせた、福祉用具を選ぶ相談、アドバイスや、その用具の調整を行う専門職となります。

たかが用具、されど用具です。この用具一つで、利用者の方の普段の生活というものは180度変わるといっても過言ではないと思います。

種類も多様で車イス、ベッドと言ったところから、食器、手すりと言ったところまでカバーしています。

用具の選び方によっては、利用者がより快適に過ごせるようになったり、また、逆に不適切な選定を行ってしまうことで生活がしづらくなった、けがをした…ということもあるので責任のある仕事と言えますね。

介護保険制度上で、福祉用具のレンタルや販売業を行う際には、この福祉用具専門相談員2名以上常勤している必要性があるので、就職に有利になるとは思いますよ。

でも実際のところ、この資格だけでお仕事につけるか…というと微妙かもしれないですね。なので福祉用具専門相談員の資格を取る方は一緒に福祉住環境コーディネーターをとる方も多いようです。

資格を取る方はぜひ2つ取得してみることも視野に入れてみてください。

トップA

トップB