トップA

トップB

福祉用具専門相談員の仕事内容

仕事内容を説明すると、

福祉用専門相談員とは

福祉用具販売やレンタルにおいて、

利用する方の年齢、健康状態、など様々な観点から、

その人のための適切な用具を選ぶアドバイスを行う仕事です。

 

扱う用具としては、

車いすやベッド等から、食器、フォーク、スプーンに渡り、

手すりや歩行用の杖までと実に様々。

用具ひとつで、高齢者の方の過ごしやすさというものは

ガラリと変わってしまいます。

 

それだけこの福祉用具専門相談員の仕事は大切ということですね。

40時間勉強すればとれるとはいえ、

実際には知識だけではなくこういうときはこれがいいといった、

TPOに合わせた器具の選択をしていかなくてはなりません。

こういったことはやはりに実務での経験も必要なってくると思います。

 

こればかりは、慣れていかないとだめだとは思いますが、

最初は誰もが初めてです。おっくうになることはないと思いますよ。

 

ですが、利用者の方に使ってもらう器具は

薬にも毒にもなるといっても過言ではないので、

しっかりとした知識をもって、

相手と向き合っていきたいですね。

トップA

トップB